document.writeln('
Ads by Drk7jp
アッラーの花嫁たち ―なぜ「彼女」たちは“生きた爆弾”になったのか?
死を決し、人の波の中にまぎれこんでいくロシアチェチェンの女性自爆テロリストの悲しい素顔!その「選択」の背景にあるのは「信仰」「政治的理念」ではなく「個人的な悲劇」「人身売買」「薬物利用」の衝撃的真実。...
ぼくがイラクへ行った理由
人質になった18歳は何を考え、何を学んだのか? 平和ボケの日本人に知ってほしかったこと、語られないイラク戦争の実状、深刻な劣化ウラン弾問題等を語る。「自己責任」という言葉を跳ね返せなかった日本中が試さ...
Little Birds -イラク 戦火の家族たち-
世界各地の紛争を取材するジャーナリスト綿井健陽は、2003年3月、開戦間際で緊迫するイラクへ入った。まもなくしてアメリカはバグダッドを空爆、イラク戦争が始まった…。綿井健陽がイラクで取材し記録したおよ...
自己責任 いま明かす「イラク拘束」と「ニッポン」
日本を震撼させたイラク人武装グループによる邦人拘束事件。被害者3人のうち、当時、最年少の18歳だった今井紀明くんが、初めて事件の全容を書き下ろす。武装グループに「ノー コイズミ」と言わされた背景、その...
戦場が培った非戦―イラク「人質」渡邉修孝のたたかい
戦場体験からつかんだ非戦への軌跡。自衛官・義勇兵・新右翼そして非戦へ変転した人生をいま、赤裸々に語る。 自衛官・義勇兵・新右翼そして非戦へ…。刹那的な思いで参加した戦場から15年以...
');